header-left

言語

日本語

ガラス原料

 

結晶ネットワークの中でケイ素イオンからアルミニウムイオンへの置換により、機械特性を変えることなくさまざまに変化するグレーズができあがる。

 

マーケット: 
スタンダードセラミックス
仮焼アルミナ

BET値 3〜75m2/gの、中間値から比較的高値の比表面積を持ち、アルファアルミナ含有率が20%から95%までのアルミナである。水酸化アルミニウムの焼成時にロータリーで焼成をコントロールし、製造される。

AR75
仮焼アルミナ(ハード)

比表面積がBET<1m2/gと非常に低値であり、ほぼ全てがアルファアルミナで構成されている。普通ソーダのナトリウム含有率は3000から4000ppmであり、中ソーダのナトリウム含有率は2000から3000ppmである。仮焼アルミナ(ハード)はロータリーキルンで製造される。

AC44 ATS
水化物

水酸化アルミニウム粗粒   水酸化アルミニウム、(ATH)は、ガルダンヌ工場にてバイヤープロセスを用いて生成される。 ATHグレードはアルミニウム塩を製造する原料として、またガラス製造等に用いられる。

SH500
即、コンタクトを!
技術面、並びに開発案件でのフルサポートをお求めの場合は、
弊社チームが喜んでお手伝いさせて頂きます。